消費者金融

消費者金融の審査に通らない人の特徴

誰でも簡単にお金を借りることができるのが消費者金融であると思っている人もいるかもしれませんが、消費者金融はそんな便利な機関ではありません。

まず未成年は貸金業者からお金を借りることができません。厳密には未成年の人だけでは借りることができないということになるのですが、成人になっていない人は貸金業者からお金を借りることができないと覚えておいた方がいいでしょう。

収入がない人も原則借りることができません。これは消費者金融によって変わってくるかもしれませんが、多くの貸金業者では収入が全くない人には融資をしていないと思います。

収入がある人でも借入希望額が多いと貸してくれない場合があります。

各消費者金融の審査に通らない人は当然お金を借りることができないわけですが、無収入・未成年の人以外で審査が通らない人は、幾つもの消費者金融からお金を借りているという特徴を持っています。

あまりにも多くの貸金業者からお金を借りている人は借金に首が回らない状態になっていることを意味しているため、業者からすればお金を貸しても返ってくる可能性が低いと考えられるので貸してもらえないことが多くなります。

過去に消費者金融からお金を借り、そしてそれを返済期限を過ぎてからもなかなか返さなかったという経緯がある人は借りられない場合があるのではないでしょうか。 過去の貸金業者とトラブルがあった場合はいわゆるブラックリストに載っていることがあり、そういった人は容易にお金を借りるのことができないでしょう。

TOPページへ戻る⇒