消費者金融

消費者金融でお金を借りる時に用意するもの

消費者金融からお金を借りる場合、手ぶらでは例え1円であっても貸してくれません。お金を借りるために用意しておかなければならないものがあるので、消費者金融から融資を受けたいと考えたら手元に用意しておくようにしましょう。 とは言ってもすぐに用意できるものばかりです。

まずは身分を証明できるものを用意しなければなりません。これは個人が特定できるものであれば何でも構わないのですが、例えば代表的なものとしては運転免許証や健康保険証です。

これらは常に財布に入っている人もいると思うので、新たに用意しなければならない人はほとんどいないと思います。

この他にもパスポート、住民票などでも個人を特定できる身分証明書になるので、消費者金融からお金を借りる際にはいずれかを用意しておくようにしてください。 これら身分証明書に書かれている住所と現在住んでいる住所が異なる場合は更に納税証明書や社会保険料の領収書、電気代やガス代など公共料金の領収書などが求められる場合もあるでしょう。

身分証明書と共に印鑑も用意しておかなければなりません。いわゆるシャチハタは多くの消費者金融で無効とされてしまう可能性が高いので、それ以外の印鑑を用意しておくようにしましょう。

消費者金融からの希望借入額が50万円を超える場合は収入がわかる書類を用意しておかなければならない場合があります。 さらに希望借入額と他の消費者金融での残高の合計が100万円を超える場合も同様に収入証明書類の提示を求められることがあるでしょう。

TOPページへ戻る⇒