消費者金融

消費者金融同士が共有しているデータ

消費者金融では借りたい金額を無制限に貸してくれるわけではありません。そんな業者は存在しておらず、必ず利用限度額という形で貸してくれるお金に上限を設けています。

この利用限度額は消費者金融によって大きく変わってきます。大手の業者であれば数百万円単位で設定されている場合が多く、小さな、例えば地域密着型で運営されている業者などでは数十万円単位に設定されているところも多く存在しています。

しかし、大手の消費者金融を利用すれば誰でも数百万円単位の融資が受けられるというわけではありません。この利用限度額は個人によっても上下するのです。

お金を借りたいと思っている人がどんな人なのかによって借りることができる限度額が決まってくるのですが、それを左右する大きな要因は収入です。

年収がどれだけあるかで借りられるお金の限度額が変わり、収入が多い人は当然多く融資を受けることが可能になります。

収入の低い人に数百万円を貸してしまうとしっかりと返済してもらえるのかわからないので、収入によって限度額が変わるのです。 他にも例えば未婚なのか結婚しているのかなどでもこの限度額は変わってくる場合があります。

そして限度額を決める非常に大きな要素となるのが、他の消費者金融からの借入があるかどうかです。もし複数の消費者金融からお金を借りているのであれば限度額は下げられてしまうでしょう。

過去に返済が滞ってしまった経験がある人も業者が定める限度額いっぱいの融資を受けるのは難しいと思います。 消費者金融で借りられるお金の限度額はこのように多くの要因によって個人個人異なってくるのです。

TOPページへ戻る⇒