消費者金融

消費者金融同士が共有しているデータ

消費者金融は銀行などと比べると審査が軽い・甘いと言われています。お金が急に必要になった人にはとても嬉しいことですが、どの程度の審査でお金を借りることができるのでしょうか。

消費者金融の中には数秒で審査結果を教えてくれるところもあります。こういった業者はお金を借りにくる人が全てデータ化されており、それと照らし合わせることで審査に通るかどうかを判断しているのです。

このデータというのは消費者金融同士が共有しているデータで、どのくらいの業者にお金を借りている人なのかをまず判断することになります。もしこの審査にクリアすれば収入が少ない人、例えば学生や主婦であったとしても消費者金融からお金を借りることができてしまうでしょう。

上記した学生や主婦の場合はサラリーマンなどと比べると融資金額の上限が低く設定される場合があります。これがもうひとつのデータによる審査なのですが、つまり、お金を借りにくる人がどのような人なのかを判断し、その人にふさわしい限度額を弾き出したりするシステムが各消費者金融には備わっているのです。

これもひとつの審査になっているのですが、お金が必要な立場にいる人であまりにも多くの業者からお金を借りているなどがない限りは審査に落ちてしまうということはないでしょう。

このような事を考えてみるとやはり消費者金融は銀行などと比べると審査の面においては非常に甘く、限度額は人によって異なるものの誰でも気軽にお金を借りることができると言えるのではないでしょうか。

TOPページへ戻る⇒