消費者金融

消費者金融の申し込みで虚偽の内容を書いたらバレる?

消費者金融でお金を借りようと思った時には書類に個人情報などを記入することになりますが、そこで嘘をつくのは絶対に避けてください。 大抵嘘はバレます。消費者金融というのはお金を貸すプロであり、消費者の嘘を見破るプロでもあるのです。

消費者金融にお金を借りたいと思った時によくついてしまう嘘は収入です。収入が少ないとお金を借りることができなかったり限度額が低く設定されてしまったりするので、できるだけ多く借り入れようと嘘の収入を記入してしまう人もいるようですが、これは絶対に避けましょう。

年収がわかる書類などの提示を求められることがあり、そこでバレてしまいます。もしそういった書類の提示を求められなかったとしても返済におかしな点があればバレてしまうでしょう。

お金を借りている金融機関が他にないかどうかも嘘をついてしまう人がいます。何社からもお金を借りている場合は新たにお金を借りるのが困難になるので虚偽の内容を書いてしまうのですが、これは一瞬で見破られてしまうので絶対に嘘を書くのはやめましょう。

誰がどこにどれだけお金を借りているのかは消費者金融同士で共有しています。嘘をつけば即バレてしまい、しかもそのせいでお金を借りれなくなってしまうことにも繋がるのです。信用できない人に消費者金融はお金を貸してくれません。

住所や名前ももちろん虚偽の内容を記載すればバレてしまうでしょう。身分証明書の提示が求められる訳ですし、勤務先などの情報も嘘を書けば大抵は見破られてしまいます。

何よりもその嘘がバレてしまった時には信用できない人というレッテルが貼られてしまい、その後本当のことを言ったとしても相手にしてもらえなくなってしまうので、消費者金融でお金を借りる時にはどんな虚偽記載もバレてしまうと思い申し込むようにしましょう。

TOPページへ戻る⇒