消費者金融

借り換えローンのメリットとデメリット

現在利用しているローンの金利が高い場合、より低金利のローンに借り替えることで負担を軽減できる場合があります。 金融機関の中には借り換え専用のローン商品を提供しているところもありますし、金利の低い銀行のローンを利用するというのもひとつの方法です。

複数ある借入を一本化するケースはもちろんですが、借入が一社だけのケースでも他社に借り替えた方が得になる場合がありますので、ぜひチェックしてみることをオススメします。

ただし、金利の低いものに借り替えることが全て有利に働くわけではないという点には注意が必要です。 借り換えローンとは新たに借入を起こし、そのお金でこれまでのローンの繰上げ返済をすることに他なりません。 そして、ローンの中には繰り上げ返済するにあたって、手数料が必要になるものが少なくないのです。

借り換えによってせっかく金利分を節約できたとしても、その額以上に費用が発生してしまったら借り替えた意味がないどころか、むしろ損をしてしまうということになってしまいます。 特に住宅ローンを借り替える場合は、諸費用が改めて必要となる上に手数料の額も大きくなるため、慎重な検討が求められます。

この他、おまとめローンの項で述べたように、ローンを借り替えることで返済期間が長くなる場合には、低金利でもより負担が大きくなってしまうケースも考えられます。 基本的には様々なメリットが考えられる借り換えローンですが、状況次第で合う、合わないが大きく分かれるというわけです。