消費者金融

おまとめローンのメリットとデメリットについて

おまとめローンとは複数の業者から借りているローンを1つの会社のローンに借り替えて一本化するものを指します。 ローンをいくつか抱えていると、それぞれに返済日や返済金額が異なっているため、どうしても管理が煩雑になってしまいます。 場合によってはうっかり返済し忘れてしまった、なんてことも起こりかねません。

その点、ローンを一本化してしまえば返済日も月に一度となりますので、管理もすっきり。 もちろん、より低金利のローンに借り替えるのであれば、返済する金額もぐっと抑えられることになりますので、おまとめローンへの借り換えによって返済計画そのものの立て直しも可能となります。

多重にローンを抱えていると、一度でも負担となる返済日が月に何度も来るわけですから、そのプレッシャーたるや相当なものなのではないでしょうか。 ローンを一本化するということは、そうした気持ちの面の負担も軽減されことになりますので、そのメリットは非常に大きいものだと言えるでしょう。

ただし、おまとめローンにもデメリットがないというわけではありません。 借入を一本化することで月々の返済額を減らした場合、返済までの期間は当初の予定より長期にわたることになります。

なぜなら借り替えても元本自体が減るわけではないからです。 この点には特に注意が必要で、返済完了まで新たに借入を起こすことなく最後まできちんと払い続けられるかどうかが大きなカギになるといえるでしょう。

この他、おまとめローンの場合には審査が若干厳しくなるという点もデメリットのひとつです。 特に現在の借入件数が多い場合やこれまでの返済で延滞があった場合などは、審査に通りにくいことが考えられます。