消費者金融

ネット銀行系のカードローン

現在、着実に利用者の数を増やしているのがネット銀行系のカードローンです。 ネット銀行とは実店舗を持たない、インターネット銀行のことで、楽天銀行(旧イーバンク銀行)やジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行などがそれに当たります。

実店舗を持っていないため、人件費や店舗管理に必要な経費を大幅に削減できるネット銀行は、その仕組みを利率に反映させた商品で人気。 カードローンもやはり低金利を実現しており、人気を博しています。

インターネット上の銀行ですので、契約の際にも店舗にまで赴く必要は一切ありません。 カードローンの申し込みもネットを介して行われるため、24時間、365日ご自分の都合の良いときにご自分のペースで申し込むことが出来ます。

またネット銀行だけあって、一般の銀行系のカードローンに比べてパソコンや携帯からのメニューが充実しており、サイトの使い勝手が良いのも魅力。 振込み手数料なども一般の銀行よりは安くなっているため、普段インターネットを日常的にお使いの方にとっての利便性は、明らかにネット銀行の方に軍配が上がると言えるでしょう。

一方、ネット銀行系のカードローンにはデメリットもあります。 まず、実際の店舗が存在しないことから、書類のやり取りにはどうしても時間が余計に掛かってしまうという点が挙げられます。 そして、普段インターネットにあまり接していない方にとってはネット上の銀行といってもどうしても馴染みが薄く、利用を不安視したりスムーズに手続きが取れなかったりする場合もあるという点も、欠点のひとつとして挙げられるでしょう。