消費者金融

元利均等返済方式と元金均等返済方式について

同じ金額の融資を受けても、返済方法が異なれば支払わなければならない利息分が変わってくるため、結果的に返済額が大きく異なることになります。 ローンを利用するときには年利だけではなく、必ずどんな返済方法であるのかをチェックしておくようにしましょう。

元利均等返済方式とは元金と利息とを足した全ての返済額に対して、支払い開始から定められた期間が終了するまでの間、一定の金額になるように返済していく方法です。 元利均等返済方式の場合、返済当初は利息分に多く割り当てられる形となるため、返済期間の前半はなかなか元金が減りません。そのため、総返済額がと元金均等返済方式に比べて大きくなるというデメリットがあります。 その一方で毎月の返済額がずっと変わらず安定していることから支払いに無理が生じにくく、長期計画も立てやすいという利点があります。

住宅ローンやおまとめローン、借り換えローン、フリーローンなどといった比較的大きな額のローンに適している方式で、リボルビング返済と組み合わせた方式を採用している消費者金融も少なくありません。

元金均等返済方法とは元金分を毎月一定の額になるように返済していく方法です。 こちらの方法だと元金が確実に減っていくため、支払わなければならない総額は元利均等返済方式に比べて少なくなるという大きな利点があります。 ただし、返済当初の負担が大きくなるという点には注意が必要。

元金均等返済方法は住宅ローンなどで比較的よく見られる返済方式です。