消費者金融

キャッシングの返済方法について

キャッシングの返済方法は各社様々。
特に信販系や消費者金融系のキャッシングの場合には返済方法もバラエティに富んでいます。

一般的な返済方法としては口座振替や借入先のATM・店頭窓口での返済などがありますが、この他にも提携ATMやCDを利用しての返済、コンビニでの返済が可能なところが多く、かなり便利。 またインターネットや携帯からネットバンクを利用した返済が可能であれば、24時間いつでも、しかも出かけることなく返済できるということになり、更に利便性が高くなります。 返済は毎月のこと。利便性を考慮に入れて借入先を決めるというのもひとつの方法でしょう。

現在キャッシングの場合には、「残高スライドリボルビング払い」が多く採用されています。 残高スライドリボルビング払いとは、残高によって月々の返済額が変化していく(スライドしていく)というもの。 残高が大きいうちは返済額も大きくなりますが、残高が減ってくるとそれに応じて返済額も少なくなっていきます。 また、キャッシングの場合には限度額内であれば何度でも追加で借り入れることができますので、それにより残高が増えれば月々の返済額も増えることになります。

なお、返済の設定金額はあくまでも最低金額ということなので、余裕のある月には多めに返すことも可能です。 金利の高いものを利用している場合でも、上手に計算しながら賢く利用することで返済額をぐっと抑えることができます。

この他、月々一定の金額を返済していく「元利均等返済」、借りた元金に対して定額を返済し、さらに利息分を加えて返済する「元金均等返済」を採用しているところも見かけられます。