消費者金融

そもそも「キャッシングとは?」

消費者金融系のテレビCMなどでもすっかりお馴染みとなっている「キャッシング」という言葉。 このキャッシングとは具体的にはどういうものを指すのでしょうか?

キャッシングとは個人が銀行や消費者金融などから小口の融資を受けるものを意味しています。 申し込みの際には担保や保証人は必要なく、使い道の限定などもありません。

銀行などで利用できる無担保型のフリーローンとの最も大きな違いとして、キャッシングの場合にはあらかじめ定められた限度額の範囲内であれば何度でも借入れすることができるという点が挙げられるでしょう。 必要なときにお近くの提携ATMやCDなどですぐに現金を受け取ることができるため、大変手軽でスピーディー。 急な出費の際などにはキャッシングはとても便利です。

現在キャッシングは非常に数多くの業者が取り扱っており、利用者も増加しています。 そのため、キャッシングのタイプやサービスも多様化しています。 最もよく見られるタイプのキャッシングは、契約成立の際に発行されるカードを利用して融資を受ける「カードキャッシング」。 この他、パソコンや携帯から融資を申し込んで指定した口座に振り込んでもらう「ネットキャッシング」や、昔ながらの電話で融資を申し込む「テレフォンキャッシング」といった融資方法もあります。

利便性が高いことから慣れると簡単に利用してしまいがちなキャッシングですが、安易に借りず、無理なく返済できる額のみを利用するようにしましょう。 特にキャッシングが数社にわたるような場合には、完済するまでの計画性が大きなカギとなります。

以下では、消費者金融でキャッシングをお考えの方へ、おすすめの消費者金融を紹介しています。お気軽にお申込みください。