消費者金融

フリーローンを利用するには

フリーローンを利用するためには、その都度銀行や信用金庫、JA、消費者金融といった取り扱い機関の審査を受け、契約書を交わす必要があります。 これは同じように使い道を限定しないカードローンと大きく異なる点だと言えるでしょう。

比較的借り入れしやすいと言われるフリーローンですが、誰でも申し込めるというわけではありません。あらかじめ利用できる方の基準が定められています。 その基準は商品によっても異なりますが、おおむね次のようなものが一般的です。

●申し込み時点で満20歳以上、返済完了時に65歳未満であること
未成年の方はほとんどのケースでフリーローンを利用することができません。 ただし、年齢の上限については70歳未満、60歳未満など様々です。

●継続的に安定した収入があること
無職の方や年金収入の方はご利用いただけません。 ただしパートやアルバイト、派遣社員などとして働いている方のケースでは各社扱いが異なっています。 また、定収入のない専業主婦などの場合には、配偶者の収入を考慮に入れて判断されるケースがほとんどです。

●日本国内にお住まいの方

この他、他の金融機関からの現在の借入状況や過去の返済状況、現在の勤務状況や継続年数なども加味され、判断されることになります。

申し込みの際には、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類が必要となります。 50万円以下の比較的小口な融資の際には、本人確認書類のみで融資が受けられるところが多くなっていますが、それ以上の額の融資の際には源泉徴収票や納税証明書のコピーなど年収を確認できる書類も併せて必要となります。

以下はフリーローンを組むなら、おすすめの消費者金融です。消費者金融でフリーローンをお考えの方はまずはネットから仮審査の申し込みを行ってみてください。 仮審査の結果は数秒~数分ででますので、お気軽にどうぞ。