消費者金融

クレジットカードの加盟店のメリット

クレジットカードの加盟店は、なぜクレジットカード会社に対して、クレジットカード会員の利用代金の3~7%という額を、クレジットカード会社へ手数料として支払うことになっているのでしょうか。

それは、クレジットカード会社へのの信用の証拠として、手数料を支払っているのですが、そんな手数料を支払うなんて、何だか無駄のようにも思えます。

しかし、現金決済しか扱っていない店と、クレジットカード会社の決済も扱う店では、やはり客側の財布の緩み具合がかなり違ってくるので、手数料を支払ってでも、やはりクレジットカード会社の加盟店でいるほうが売り上げとしては、良いのだそうです。

それだけでなく、クレジットカードを保有する会員としても、現金払いとなると手持ちの額が不足していたりして、一回に支払う額も手持ちの額の範囲内だけにとどまってしまいます。しかし、クレジットカードがあれば、現金がなくてもショピングができるばかりか、高額なショッピングをしたとしても「一括払い」と「リボルビング払い」という支払い方法が選択できます。

リボルビング払いというのは通称「リボ払い」とも言われています。これは、高額な買い物などをした場合、支払いが一括払いではちょっと無理だなというときに、何回かに分割して支払いができる、というシステムなのです。

クレジットカードにはこういった「分割支払い」の機能も備わっているため、消費者としても無理のない支払いが出来ますし、また加盟店側としても高額な商品の売上が見込める、ということで、双方、三方ともに利がある、というのがこのクレジットカードのシステムなのです。