消費者金融

クレジットカードの利点について

クレジットカード会社の仕組みですが、「三者間契約」というもので成り立っているのですが、三者それぞれの契約の詳細を見てきましょう。

まずは、クレジットカード会社は、会員と契約を結びます。その際には、誰でも契約を結べる、というわけにはいきません。クレジットカード会社に申込みをしてきた人の中で、信用のおける人とだけ、契約を結んでいるのです。信用がおける、と判断すると、その人にクレジットカードを用意し、キャッシュレスで買い物が出来たり、サービスを受けられたりできるようにします。

もしも、クレジットカード会員が、加盟店にてクレジットカードを使用し、キャッシュレスで買い物などをしたとすると、クレジットカード会社は、会員がショッピングの代金を「引落し日」までに銀行口座に用意する、という「前提」で加盟店に「立替払い」をしているのです。

そこで、加盟店は「信用」の証拠として、会員のクレジットカード利用料のうち、3~7%を手数料として、クレジットカード会社に支払う、トいうシステムになっているのです。

こう見てきますと、消費者であるクレジットカード会員は、現金の持ち合わせがなくても、キャッシュレスで買い物が出来、しかも、クレジットカード会社からのポイントもつきますから、お得な免がいろいろあります。指定日までに代金を用意するという約束をきちんと守れる人にとっては、大変魅力的なシステムであるといえます。

一方、加盟店のほうですが、3~7%の手数料をクレジットカード会社に支払わなければなりませんが、それでも、「手持ちの現金がないから、他店に行こう」とか「今は、買えないからまた今度にしよう」などという「売り逃し」を防げ、売上を伸ばせるので助かるという図式になります。