消費者金融

クレジットカードや消費者金融「ブラックリストについて」

クレジットカードや消費者金融を利用するようになった、あるいは利用したいと思うが、色々と不安や疑問もある・・という方もいらっしゃるかと思います。

よくあるのが、「支払い期日までに口座に返済額を用意できなかったら、即ブラックリストに載ってしまうのか」という不安です。

ここではクレジットカード会社で説明します。

クレジットカード会社側の答えとしては、「ブラックリストというものがそもそもない」というでしょう。ではどうして、ブラックリストなどというまことしやかな嘘が横行するようになったのでしょうか。

実は、クレジットカード会社では、個人信用情報機関においては、扱う通常の個人情報を「ホワイト情報」と呼んでいます。そして、「延滞があった」となどいう事故情報が記載されているものを、「ブラック情報」と呼んでいます。

この事実から波及して、「ブラックリスト」なるものがある、などという噂が飛び交っているだけにすぎません。

だからといって、延滞を重ねてもいいのかというと、やはり、期日までに返済額を用意できないということで、信用問題にも関わってきます。

なんども支払いが滞ったり、悪質な顧客だと判断されてしまうと「事項情報」として、信用情報機関のデータバンクに登録されてしまいます。

そして、数年間はその情報が消されないのです。また、信用情報機関のデータバンクに自己情報が登録されることが、度重なると、信用度が低下することは目に見えていますね。そうなると、新規でのクレジットカードの入会ができなくなる、というおそれもあります。

ちょっと思いあたる方でクレジットカードや消費者金融を利用したいと考えている方は、まず仮審査をしてみてください。

仮審査は、非常に簡易的なもので、各消費者金融のホームページから申し込むことができ、数秒~数分で結果がわかります。