消費者金融

消費者金融「利用限度額がもうちょっと多ければ・・・」

消費者金融でキャッシングをしているとしても、利用限度額がもうちょっと多ければいいのに、と思うことがあると思います。

しかしながら、それはクレジットカード会社にしても、消費者金融業者にしても、おいそれとは了承できないことではあります。ただ、なんの問題もなく一定期間、きちんと返済を続けている顧客であれば、増額のお知らせを、会社側から伝えてきます。

しかしながら、会社側からの通達前に、利用限度額を増やして欲しい、というような事態がやってくる人もいるものです。こういう事態に備えるためには、日頃から利用者側の信用度をアップさせていくことが大切です。

信用度のアップをはかるためには、何といっても、「返済の延滞」をしないほうがいいという点にあります。1日だけだとしても延滞は延滞ですので、注意したいところです。どうしても、体調不良などで返済しにいけない・・というような場合でも、電話をかけて、延滞の理由を説明し、すぐにでも支払う姿勢を見せるようにしている、という人もいます。

クレジットカード会社は引き落としですので、大丈夫ですが、消費者金融の場合には、自ら支払いに行くという場合が多いかと思います。その場合、支払い期日ギリギリというよりは、少しでも余裕を持って返済をするという姿勢も信用度アップには欠かせません。

また、利用限度額を、一度に借入れしてしまうという行為も、やはり消費者金融側としてはチェックしています。

そして、他社のキャッシング利用を増やさないということも大切です。他社利用件数というのは、消費者金融などでは重要視しているポイントの一つでもあるからです。他社を利用する前に、今借りている会社に相談をしてみることが先決です。