消費者金融 金利

厳選した消費者金融をランキング形式で紹介

消費者金融の金利は、金融会社によって大きく異なります。

また消費者金融によっては、30日無利息キャッシングなど、一定期間の無利息サービスを行っているカードローンや、最短、即日融資可能な所、ネットでパソコンやスマホから申し込んで来店不要でWEB完結でキャッシングできる所、審査のスピードがとても早い所、などなど特徴は様々です。

このサイトでは、消費者金融でも金利が低いだけでなく、安心してお金を借りれる所で、急いでいる方にもしっかり対応している所をランキング形式でご紹介しています。
すべてインターネットからキャッシングの申し込みを行うことが可能です。
当サイトが優良な消費者金融選びのご参考になれば嬉しいです!


消費者金融は賢く利用しよう!借りすぎには注意を

消費者金融でキャッシングする(お金を借りる)際は、借りすぎに注意しましょう。ご自分の収入とのバランスをしっかり考えてくださいね。

消費者金融によってキャッシングの審査基準は異なりますが、自分の収入の状況や他社の借り入れの状況、過去の借り入れの状況などによって審査になかなか通らずにキャッシングできない方々もいらっしゃるかと思います。

ですが、法律に定められている利息の上限を超えている会社や消費者金融会社として届け出をしていない会社では絶対にローンを組むことはしないでくださいね。危険ですから。 もちろん、このサイトで掲載している消費者金融は、しっかり金融庁に届け出を出していますし、利息も低めで、インターネットからも申し込みもできたり、返済する際も全国にATMがあるところばかりなので、利便性も抜群です。

ご自分が借り入れできるか不安な方などは、当サイトで紹介している消費者金融は、ネット上から「仮審査(匿名簡易審査)」を行うことができます。仮審査(簡易審査)の結果は早い所だと数秒~数分でわかるところが多いので1度、試してみてくださいね。とくにアルバイトの方やパート、主婦の方などは1度、仮審査(匿名簡易審査)をしてみてください。

アルバイトやパート、主婦の方でも、安定した収入があれば、カードローンの仮審査に申し込むことができるところがほとんどなので、あきらめないで仮審査に申し込んでみてくださいね。

まずは、アコムプロミスモビットあたりから、申し込んでみると良いかと思います。知名度も抜群ですし、審査もスピーディーですし、利便性も良いのでお勧めですよ。

安心なできる消費者金融を選ぶにはどうすればいいの?

消費者金融のカードローンキャッシングサービスの選び方は幾つかのポイントを抑えておけば闇金融に引っかかることなく、そして自分に合った貸金業者を選ぶことができるでしょう。

できれば誰でも聞いたことがあるような大手消費者金融のキャッシングサービスを選ぶことをお勧めします。大手消費者金融会社であれば闇金融(法律違反している貸金業者)のように高い金利でお金を借りなければならないということもありませんし、厳しい取り立てに遭う危険性も回避できるでしょう。

上限金利で選ぶのもいいのではないでしょうか。上限金利はできるだけ低いところを選ぶべきです。上限金利が高いところは審査が簡単というメリットがある場合が多いですが、審査についてさほど違いが無いようであれば金利を基準に消費者金融を選んでもいいでしょう。 安ければ安いほど返す時に楽になるので金利は大きなポイントとして押さえておいてください。

利用限度額(上限融資額)も消費者金融を選ぶひとつのポイントになります。数万円程度の借り入れであればどの業者でも大抵貸してくれるので問題はありません。しかしある程度借りなければならないとなると限度額が高く設定されている消費者金融業者を選ばなければならないでしょう。審査によってこの限度額(上限融資額)は変わってきますが、自分が借りたいと思っている額がそもそも融資枠に収まっているかは確認してから申し込みましょう。

急にお金が必要になった人は審査時間を重視して選んでみてください。今では即日融資が可能な消費者金融のカードローンもたくさん出てきていますから、今日にでもお金が必要だという人はこの審査時間が最も重要なポイントとなるでしょう。収入証明書も必要がないキャッシングサービスもあります。

消費者金融会社の選び方は人それぞれ異なってきます。何を重視するのかを考えた上で選ぶといいのではないでしょうか。

「銀行」と「消費者金融」の違いについて

銀行も消費者金融も、どちらもお金を貸してくれるサービスを行っていますが、それではこのふたつにはどのような違いがあるのでしょうか。 まずは総量規制の対象なのか、総量規制の対象外なのか、です。貸金業法で定められている総量規制とは、簡単に言うと収入の3分の1までしか借りれませんよというものです。銀行のカードローンは総量規制の対象外なので収入の3分の1以上借りれますが、 アコムやプロミス、アイフル、モビット、ノーローンなど消費者金融のキャッシングは総量規制の対象になるので、収入の3分の1以上の借り入れを行うことができません。

それと、銀行でお金を借りるには担保を必要とします。担保とは、お金を貸した相手からその貸した分を回収できなかった時の為の保証のようなものです。 また、保証人がいないとお金が借りられない場合もあります。

一方、消費者金融サービスは原則担保を必要とすることなくお金を借りることができます。保証人も用意する必要がなく、個人でお金を借りることができてしまうのです。

銀行という場所は信用の高い人、つまりある一定以上の収入のある人ではないとなかなかお金を借りることができません。そのため、カードローンなどの審査が非常に厳しく、そして時間がかかってしまうのがひとつの特徴と言えるでしょう。

借りたくても借りられない人が多く出てきてしまうのが銀行というところなのです。 その代わり銀行では信用できると判断された人には多額の融資をしてくれるという面も持ち合わせています。

そして金利に関しても非常に安く、言わば、限られた人に多額のお金を貸して利益を得ていると言えるのではないでしょうか。

消費者金融のサービスは即日融資をしてくれる貸金業者が多々あります。審査も銀行と比べると非常に軽く、多くの収入を得ていない人でもすぐにお金を貸してくれるのが大きな特徴と言えるでしょう。

消費者金融のカードローンキャッシングは簡単にお金を借りることができる代わりに金利が非常に高く、返済が滞ると利子を返すだけで大変になってしまうこともあります。 高い金利でたくさんの人に利用してもらい利益を出すのが消費者金融サービスと言うことができるでしょう。 これが銀行と消費者金融の大まかな違いです。

※よく間違う方が多いのですがレイクは大手の消費者金融会社ではなく銀行カードローンです。新生銀行のカードローンサービスが「レイク」です。レイクは30日間無利息サービスや180日間無利息サービスを行っており、融資スピードも消費者金融並みに早いのでおすすめです。通常の銀行カードローンに比べて上限金利は高いですが、仮審査もWEBから簡単に行えますし、本審査のスピードも速いです。最短で即日融資(※平日14時までのお申込みと必要書類の確認の完了が必要です。 )も可能なカードローンなので申込んでみてはいかがでしょうか。

※最近人気の来店不要銀行カードローンは、イオン銀行カードローンやオリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなどで、それらは消費者金融並みに審査、融資実行までのスピードが早いのが特徴です。もちろん審査基準は消費者金融に比べて厳しいと言えます。しかし上限金利が消費者金融サービスに比べ低い傾向があります。詳細はそれぞれの公式サイトをご覧ください。

※即日融資について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


土日・祝日でも即日融資できる消費者金融はある?

一部の銀行、大手消費者金融では、カードローンの申込自体は土日祝日でも行っているのはご存じだと思います。しかし、カードローンの審査、及びキャッシングは、土日でも即日融資できる消費者金融や、銀行はあるのでしょうか?

振り込みによる融資は、基本的に土日祝日は銀行が休みなので無理ですよね?

土日祝日でも即日キャッシングできる良い方法はあるのでしょうか?

実はあります。

アコムやプロミスなどでは、土日祝日でも即日キャッシング可能です。

1.インターネットからキャッシングの申込 2.近くの無人契約機でローンカードを受け取る 3.提携ATMで即日キャッシング

という流れです。

ただ、通常は審査時に在籍確認というものがあります。在籍確認とはあなたが実際に申込書に記入した会社で本当に働いているのか?という勤め先への確認の電話です。

これを土日祝日では行えない場合がほとんどなのです。

この在籍確認の代わりに、書類を提出する必要があるのです。モビットは大々的に在籍確認の電話なしで申込めると公式サイトに謳っていますが、アコムやプロミスでも在籍確認なしで申込めることをコールセンターに電話して確認を取っています。

その書類とは、各消費者金融によって違うのですが、「給与明細(2か月分)」「社員証」「源泉徴収票」「会社発行の健康保険証」のどれかです。

もちろん、土日祝日だけでなく、在籍確認の電話を勤め先にかけて欲しくない場合は、相談に乗ってくれます。

この方法で、土日祝日でも即日融資可能になります。土日祝日でも即日キャッシングしたい方は、アコムやプロミス、モビットなどに申し込んでみてください。


主婦は消費者金融の審査に通る?

消費者金融でも、銀行のカードローンでも、基本的には安定した収入があれば主婦の方でも審査に申し込むことは可能です。借りれる上限金額は、収入やその他によって決定されるので、普通にお勤めされている方に比べると少なくなるかもしれませんが、借入れは可能です。

しかし、収入がない「専業主婦」の場合は、ちょっと条件が違います。まず消費者金融ではキャシングすることは難しいでしょう。銀行のカードローンであれば配偶者(旦那さん)に収入があれば借り入れが可能な場合があります。この場合、旦那さんの個人情報を銀行に知らせて主婦のあなたが申し込んで借入れすることができます。在籍確認の電話も旦那さんの会社に掛かってくることはほとんどないため、旦那さんに内緒でキャッシングすることも可能です。ただ、これは銀行によって違うので、各銀行カードローンの窓口か電話で事前に確認しておく必要があります。


年金生活者は消費者金融の審査に通る?

年金生活者については、各金融機関によって対応が異なります。年金を安定した収入と考えて貸し出しをしてくれる金融機関もあります。ただ、各金融機関の審査の申込資格は年齢制限もあります。

ほとんどが20歳~65歳前後です。年金をもらうための年齢は60歳や65歳以上なので、この年齢制限でひっかかってしまう方も多いかと思います。各金融機関の公式サイトを見ると申込資格が記載されていますので、確認していただき、年齢制限をパスできるようであれば、オペレーターに相談してみてください。


外国人でも消費者金融のキャッシングは利用できる?

外国人の場合は、消費者金融の審査に申し込むことはできないのでしょうか?申込めたとしても審査は日本人に比べて厳しくなるのでしょうか?

基本的に外国人の場合でも「特別永住証明書」「外国人登録証明書」があればカードローンに申し込むことは可能です。もちろん日本人同様に年収、持ち家なのか?賃貸なのか?借入総額、職業など、総合的に審査されます。

審査の厳しさはというと、やはり日本人よりも外国人の方が厳しくなります。まず日本語の日常会話が可能なのか?申込書にちゃんと記入できるのか?これは必須です。その他についても外国人の場合は、日本人に比べてリスクが高くなる面もあるので、どうしても審査は厳しくなってしまいます。

ですが、審査に申し込んで通過する可能性は十分にあるので、はじめからあきらめずに申し込みをしてみてください。


在籍確認なしで申込めるカードローンってあるの?

まず、在籍確認とはローンを申し込んだ時に、金融機関側があなたの勤め先に電話をして本当にその勤め先に在籍しているのか?確認するための作業です。ですので勤め先にあなたがいなくても、他の人が電話に出て、「○○さんいらっしゃいますか?」と言った時に「席を外している」「外出している」「お休みをいただいている」と答えれば、在籍確認はOKということになります。このやり取りだけであなたがその会社に在籍しているという事実がわかりますからね。

そして金融機関は、会社名を言わずに個人名で電話をかけてきます。これはあなたが金融会社でお金を借りるという事実を隠すためです。「アコム株式会社ですが○○さんいらっしゃいますか?」と言われたらバレバレですからね。

また、電話番号の発信通知も非通知でかけてきますので痕跡も残りません。

在籍確認はこんな感じで行われますが、やはりできればこの在籍確認なしで申込めれば、それが一番いいですよね?

上記の土日祝日の即日キャッシングの所でも触れましたが、在籍確認なしでキャッシングに申し込める消費者金融はあります。

まず、モビットです。 モビットは公式サイトでも「電話なし・郵送物なし」で申込める方法が記載されています。またアコムやプロミスでは大々的にやっていませんが、オペレーターに相談すれば在籍確認なしでキャッシングの申込ができます。

在籍確認の電話がなしになる代わりに「給与明細(2か月分)」「社員証」「源泉徴収票」「会社発行の健康保険証」のいつれかを提出することになります。

ただ、モビットもアコムもプロミスも、ご期待に応えられない場合もあるようです。在籍確認なしでキャッシングに申込みたい方は、まず各消費者金融のオペレーターに相談してみてください。


来店不要・WEB完結できる消費者金融

来店不要でWEB完結できるカードローンといえば、アコムやプロミス、モビットなどの大手消費者金融ですね。 スマートフォンやパソコンから申し込んで、運転免許免許証や収入証明書などは、スマホのカメラ機能などを利用してアップロードする、またはFAXで送るなどして審査に申し込みます。 審査に通過したら、あなたの指定する銀行口座に振り込んでもらう流れです。あなたは家から一歩も出ることなく振込によるキャッシングが可能なのです。 だだし、大手の消費者金融ではなく、中小の消費者金融の場合はWEB完結できないところもあります。銀行カードローンの場合も、ほとんど無理ですが、みずほ銀行カードローンやスルガ銀行など、一部の銀行ではWEB完結できるところもあります。


年収が少ないと消費者金融は利用できない?

年収が少なくても消費者金融のキャッシングサービスを利用することは可能です。消費者金融の申込み資格にだいたい書いてあるのは「安定した収入がある方」です。ですので年収額が少なくても安定した収入があれば申込み可能なのです。

ただし、消費者金融の場合、総量規制の対象になるので、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。これは1つの消費者金融だけではく総額です。

たとえばあなたの年収が100万円だとします。そうするとあなたが消費者金融から借りれる総額は33万円です。アコムに20万円すでに借りていた場合、あらたにプロミスに申し込んだ場合、借りれる額は13万円になります。

ただし、これは、あくまで最高額であって、あなたが必ず年収の3分の1(今回の例では33万円)の上限金額を借りれるわけではありません。限度額は消費者金融独自の審査によって決定されます。

また、総量規制の対象外の銀行の場合は、年収の3分の1以上のお金を借りることは法律上できますが、これに関しても銀行の審査や保証会社の審査によって決定します。


悪質な消費者金融を利用しないために

アコムやモビット、プロミスやアイフルなど、大手で有名な消費者金融を利用すれば恐い取り立て、強引な取り立て、法外な利息の請求などに合うことが絶対にありませんが、悪質な貸金業者、いわゆるヤミ金は、あらゆる手で近づいてきます。

大手消費者金融のイメージキャラクターを無断で利用して作ったチラシ、ウェブサイトを作成して、大手消費者金融を間違えさせるような手段や、ブラックリストの人に甘い言葉をかけて近づいて来たりします。

このような悪徳金融会社にひっかからない為には、ダイレクトメールや電話、チラシなどで宣伝してくる業者はできれば利用しないようにしましょう。電信柱に貼ってあるチラシも要注意です。

また、街中にある中小の消費者金融を利用する場合は、金融庁のホームページでしっかり届け出をしている貸金業者なのか?チェックしてみてください。もし届け出をしていない金融会社だった場合は、それはヤミ金ということになるので絶対に利用しないようにしましょう。 /p>

水商売でも消費者金融を利用できる?

夜のお仕事、水商売の方でも消費者金融を利用することはできるのでしょうか?審査は厳しくなってしまうのでしょうか?

実は普通のお仕事をしている人と比べると少し違いがあるのです。水商売をしている方はお店に雇用されているわけではないので、個人事業主扱いになるケースが多いです。

水商売だけではありませんが、個人事業主の場合、普通に勤めている人に比べると審査が厳しくなる傾向があります。

また、水商売の方(個人事業主の方)は確定申告をしなければならない義務があるのですが、これを行っていない方も多いのです。そのような方は確定申告書や納税証明書を金融機関に提示することができないので、審査に申し込むことができなくなります。

つまり、しっかりと確定申告している方であれば、水商売の方でも消費者金融を利用することは可能ですが、確定申告していない人は消費者金融に申し込むことはできないということです。(もちろんお店に雇用されている方は大丈夫です)

※偽装会社は絶対に利用しないように! 水商売の方をターゲットにしている会社があります。水商売の方が「会社に在籍しているように騙すサービス」があるのです。偽装会社はニセの給料明細を発行したり、在籍確認野電話に対応したりします。これでキャッシングを利用した人もいますが、これらの行為は完全に法律違反です。絶対に偽装会社は利用しないようにしてください。


申込みブラックとは?

申込みブラックとは「複数の金融会社に同時に申し込む」ことによって悪い印象を与えてしまった状態のことです。

短期間に、複数の消費者金融や銀行などにカードローンなど申し込んでしまうと、これらの情報は金融機関同士で共有され、印象を悪くしてしまいます。

「この人はよっぽどお金に困っているんだな」「ちゃんと返済できるのだろうか?」と思われても仕方ないですからね。

審査に不安がある方は、審査が厳しい銀行カードローンではなく、消費者金融に申し込むことも検討しておきましょう。


2社目・3社目でも消費者金融の審査は通る?

結論から言うと2社目でも3社目でも消費者金融の審査に通過することは可能です。もちろん個人の返済能力にもよります。

年収が高い方は、低い方に比べると返済能力は高いので審査に通りやすいですし、年収が低い方でも借りている総額が低ければ十分審査に通過する可能性はあります。

しかし、2社目、3社目の利用を考えている方は、現在利用している消費者金融の上限金額いっぱいに借りていることが予想されます。その場合で年収の3分の1付近の金額まで借りているのであれば、それ以上の金額を借りることが法律上できないので、審査に通過する可能性はゼロに近いです。

各大手の消費者金融の公式サイトには、借入れ診断が設置されています。あなたの年収額、借入件数、借入れ額を記入すれば、数秒で借り入れ可能なのか?目安を知ることができるので、利用してみてはいかがでしょうか?


消費者金融のキャッシングは保証人は不要?

消費者金融のキャッシングの場合、保証人・担保は不要です。住宅ローンやなどと違って担保や保証人を立てる必要がなく、手軽に借り入れできるのが消費者金融のキャッシングの特徴です。そのかわり、貸す側にはリスクがあるので、金利に関しては高い設定になっています。利息制限法で決められている上限に近い数字を設定している消費者金融が多いです。

一方、銀行カードローンも消費者金融と同じで、保証人、担保を設定する必要がありませんが、保証会社の保証が必要になります。これはわざわざあなたが保証会社に行って、申し込むわけではなく、銀行カードローンに申し込むと保証会社の審査が自動的に開始されます。

アコムやプロミスなどの消費者金融や、クレディセゾンやオリエントコーポレーションなどの信販会社が銀行カードローンの保証会社に設定されているパターンが多いです。

銀行は、返済がされなくても、保証会社に保証させることでリスクを軽減しています。保証会社は銀行から手数料をもらうことでリスクを引き受けています。

いすれにしろ、あなたが友人や家族など保証人を用意したり、担保を用意することなく利用できるのが銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなのです。


旦那(奥さん)や家族に内緒で消費者金融でキャッシングしたい

なるべくは、周りの人に内緒でキャッシングしたいと考えるのが普通です。一緒に住んでいる奥さん(旦那さん)、親、子供など家族にはバレずに消費者金融を利用したいですよね。

その場合は、やはり大手の消費者金融が良いでしょう。

まず、申し込む際はインターネットでスマホを利用して申し込みます。在籍確認の電話は勤め先に電話がかかってくるので心配ありません。ただし本人確認の電話が心配ですよね?申込む際に間違っても家の固定電話の番号を記入するのは避けてください。かならず携帯電話の番号を金融会社に伝えましょう。

郵送物については、大手消費者金融の場合、消費者金融名で送ってくることはありません。気を使って、アコムの場合はACサービスセンター、モビットの場合はMCセンターなどで郵送物が送られてきます。

郵送物が心配な方は、大手の場合WEB明細にすることが可能ですし、ローンカードの受取りを郵送ではなく、無人契約機に指定することも可能です。

ちなみに、モビットのWEB完結申込みは、カードを発行しない形式で在籍確認の電話もないカードローンです。そうしても内緒でキャッシングしたい方はモビットのWEB完結申込みがおすすめです。


無人契約機で申込む場合の賢い方法

アコムやプロミス、モビットなど大手の消費者金融は、全国各地にものすごい台数の無人契約機(自動契約機)を設置しています。

その無人契約機でキャッシングに申し込むことが可能です。

ですが無人契約機でキャッシングを申し込む場合は、あらかじめインターネットで申込んでおくと便利です。

直接、無人契約機に行ってキャッシングの契約をする場合、審査時間がどんなに早くても30分は掛かるので、その間、無人契約機でぼ~と待たなくてはいけません。なるべくこんな場所に長居したいと思わないですよね?

ですので、ネットであらかじめ審査に申し込んでおいて、あとはカードの受取りだけを無人契約機で行うようにしておけば、待ち時間なくスムーズにキャッシングすることが可能です。

また、必要書類も自宅であればすぐに出すことができますが、無人契約機の場合、忘れ物があった場合など、家に取りに帰らないといけないし、いろいろと不便な面があります。

無人契約機を利用する場合は、あらかじめインターネットで申込んでおくことをお勧めします。


カードローン・キャッシング申込み時の必要書類

消費者金融のキャッシングや、銀行カードローンに申し込むの必要書類は、まず身分証明書です。

身分証明書で代表的なのが「運転免許証」、もしくは「運転経歴証明書」です。そしてそれらを保有していない場合はパスポートや保険証、住民基本台帳カード、住民票などです。

身分証明書は絶対に必要なので、キャッシングを申し込む際はかならず用意しておきましょう。

そして、次に用意が必要なのが「収入証明書」です。これは各金融機関によって異なるのですが、ある一定金額以上の貸し出しの場合に必要になるケースが多いです。50万円以上の貸し出し場合は収入証明書が必要、100万円以上の貸し出し場合は収入証明書が必要など、いろいろですが、ほとんどの金融会社では50万円未満の場合は、身分証明書のみで審査に申し込めるところがほとんどです。

収入証明書として認められているのが、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書、所得証明書などです。




その他の基礎知識

お金の貸し借りについてのコラムです

お金を貸す機会は多くないけど、消費者金融のカードローンで借入してほしい

普段から、お金を貸す機会はそんなに多くないです。私は出来るだけそういう場に遭遇しないように気を付けています。 しかしたまに、少額ですがお金を貸してくれと言われることはあります。そんな時は、覚悟を決めて貸すようにしています。 それはお金を貸しても、気長にかえってくることを待つ、あるいはかえって来なくても諦めて気にしない、という覚悟です。 お金を貸して、かえって来なかったりすると私は相手を信用できなくなってしまいます。だから、お金を貸しても返せない人とは、関係に距離を置いていくようにしています。 お金がかえって来なかったときは、良い勉強の授業料になったと考えるようにしています。そうでもして割り切らないと、人にお金を貸すことなんで出来ないです。 できれば消費者金融のカードローンを利用してキャッシングしてほしいです。消費者金融サービスを利用してキャッシングしてくれれば人間関係は壊れずに済みますからね。 今は無利息サービスなどもありますし、収入証明書も必要がない、そして匿名お借入診断でスピードも速く即日融資でキャッシングなどができ、利用者にとって大変ありがたいサービスが充実していますので プロミスやモビットなどの大手消費者金融会社のカードローンに申込むできだと思います。

お金を貸す立場の気持ち

お金を貸す立場の気持ちと言うのは、ある意味とても複雑です。 なぜなら、貸したお金がどういう目的で使われているのかとか、貸す時には、これからお金を借りようとしている人はきちんと約束した日までにお金を返してくれるかが心配になるからです。 それだけにお金を貸す立場の人は、借りる立場の人の個人情報をしっかりと調べ、万が一返ってこなかった時の事も考えておかなければならないからです。 お金を貸すと言う事は、自分のお金を他人に預けてしまうので、お金が返ってこなくなってしまっても、貸す側の方は一方的な損失を抱え込むのです。 お金を貸した以上は、借りる相手を有る程度は信頼しますし、返ってこなかった場合の覚悟も有る程度はするのです。 不特定多数にお金を貸す大手消費者金融会社などの貸金業者は大変ですよね。面識のない人にお金を貸すわけですから。返済もちゃんとしない人も多いと思います。今は収入証明書が不要でカードローンでキャッシングできますからね。すごいと思います。

お金を貸すときの一番のリスク

お金を貸すときの一番のリスクは、そのお金がきちんと返済されるかどうかだと思います。貸したお金が返済されなければ、せっかく好意で貸したお金なのに、その気持ちが踏みにじられることとなってしまいます。 人というのはお金を借りるときには必死になって借りようとするものですが、いざ返すときには渋ったり態度が豹変したり、酷いときには借金そのものを踏み倒そうとする人までいます。 ところがそういった人たちも借りるときには、決してそんなそぶりは見せません。そこを信用して貸すのだから、返済もやはりちゃんとするのは当たり前のことです。 そういったことで、お金を貸す側の気持ちというのも、案外大変なのではないかと思います。信用している気持ちが仇になって返って来ることがないよう、願っているのではないでしょうか。 このような人はプロミスやアイフル、アコムなどの消費者金融業者で借りてほしいと思うのですが、きっと審査に通らない人なんでしょうね。多重債務者なので消費者金融ですら審査に落ちてしまうから知り合いにあたるしかないんでしょうね。

借金を返済されなかったです

お金を貸してくれと言われた経験も相談されることも少ないなのですが、大学2年のときに同じ部活に入っていた男性に1万円でしたがお金を貸したことがあります。3人ほどの少ない飲み会をする前に今日の飲み会のお金がないからちょっと貸してくれないと言われて、日ごろからマメでムードメイカーの彼には部活内でもお世話になっていたしと好感(男性としてというよりは友人として)を持っていたので1万円ならと軽い気持ちで貸しました。それから、一か月くらいしてあちらから音沙汰なし。お金の話をするのは憚られたのですが、私も大学生で貧乏の身なので確認してみました。返答は「ちょっと待って、月末にはバイト代入るから」と言われて待ったのですが月末になってもあちらからのアクションなし。他の部員に聞いてみるとお金を借りて放置する人だったことが判明。もう自分から聞くのも嫌な気持ちになるし、その男性とは友人とは思わず距離を置くことで終わりにしようと思いました。貸したら、返って来ないと思えを身を以て実感。1万円で済んでまだよかったと思うようにしてます。 今はモビットやプロミスなど学生でもキャッシングできる大手消費者金融サービスがあるので、学生の方でお金を貸してくれと言われたら、そのような消費者金融を紹介すると

早く返して!

私は基本的にはお金を人に貸したくありません。 それによってトラブルになり友達関係、人間関係がくずれるのが嫌なので。 しかしどうしても断れない、力を貸してあげたいと思う時は貸します。 そして思うことはなるべく早く返済してね。ということです。 お金を返してくれれば何をしてもいいのですが、返済がまだなのに、お金がなくて困っていたはずなのにその人が外食や飲み会に来ていたらどうして外食するお金があるのに私への借金は返してくれないの?とか 借金返してほしいけど、早く!早く返して!とあまり請求しても良くないかな。 人間関係がくずれたら嫌だなと思ってしまうので。 お金が出来たのならすぐに返してほしいです。そしたらお金の貸し借りをしても人間関係がくずれることはないのにと思います。 このようなタイプの人はアコムやモビット消費者金融のカードローンや銀行カードローンでキャッシングすればいいと思う。このような貸金業者なら外食しようが何しようが、ちゃんと返済すれば文句を言ったりしないですからね。今は無利息サービスもありますし収入証明書もなしで即日融資で借りれますから。

お金の貸し借り~私は肯定的でも否定的でもない~

お金を貸すということに対して、私は肯定的でも否定的でもありません。自分さえ納得しているのであれば、お金を貸すことは十分あり得ると思っています。但しその際、貸すという感覚でお金を渡すことはしません。私の手から離れた段階でそのお金は人にあげたものと捉えます。お金を借りる側からすれば、よほどの事情があることがほとんどだと思います。それに対してお金を貸せる人は、幸いにもまだ生活に余裕があると言えます。そうであるのなら、そのお金が誰かの為に役立ったというだけで良しとすべき、というのが私の考え方です。貸したと考えるくらいなら、むしろ最初からお金を渡すべきでないとすら思うのです。尤もこちらが渡せない位の高額であれば話は別です。

プラス思考で貯金する!二度と消費者金融を利用しない

二度と消費者金融のキャッシングサービスを利用しないために自分の貯金方法を紹介します。 お給料日には自動的で引き落とされるように積み立てをしています。この方法は楽で一番貯まりやすいと思います。 引き落とし日は必ず給料に合わせて設定することがポイントだと思います。 ボーナスを引いた昨年の手取り収入を12で割った1割を毎月積み立てしています。 地味ですがコツコツ貯めるのが安全だと思います。 生活費ですが、1度にまとめて下ろして月に何度も銀行に行かないほうがお金は貯まります。 予備費に5千円程大目に下ろしておくと良いです。 たかが5千円ですが手を付けなければ年で6万円になるので自分の場合は、余った予備費はディズニーリゾート様に別口座に貯金しています。 たった500円余ったとしても貯金をすることです。別口座に貯金することで目的のために予備費に手を付けない努力をします。 自分の貯金方法はプラス思考で手間を惜しまないことです。 例えば我が家は滅多に外食をしません。プラス思考で考えると家で作る食材は目に見えるので安全です。 そして毎日作ることで自分の腕も上がりレパートリーがどんどん増えていきます。 外食は楽で楽しいですが、家で作れば1/4の料金で作れます。 買い物の仕方ですが、食材を1週間まとめて買うことです。 野菜は人参、玉ねぎ、じゃがいも、キャベツは常に常備しています。何故かというと腐りにくいからです。 そしてどんな料理にも対応できる野菜なのでこの4つの野菜は節約にはかかせません。 お肉は鶏むね肉、豚小間肉はキロ単位で買って小分けしています。そして1/4はフードプロセッサーでミンチします。 面倒ですが、この手間をするだけで料理のレパートリーが増えます。 合いびき肉はそのまま買います。牛肉を買ってミンチするより安いと判断しています。 合いびき肉はハンバーグを夕飯に作るときに一度に大量に作り焼いて冷凍しておきます。 冷凍しておいたハンバーグは煮込みハンバーグやカレーハンバーグなどとして味を変えて違う日の夕飯に出します。 子供の教育費ですが、我が家の子供たちは塾には行っていません。通信教育の自宅学習で希望校へ受かりました。 塾に通わずすんだのでよそのお宅より何十万も貯金できたことだと思います。 高い塾にお金を払えば頭も良くなるというのは間違いだと思います。親も一緒に勉強に付き合うことで成績は上がります。 みんなが塾へ通っているからうちもという考えはしないほうが貯金はできます。 貯金も勉強もコツコツやるのがなんだかんだで一番近道だと思います。

消費者金融業者の審査に通らない人は論外

消費者金融も最近は変わってきていますので、そんなに高額な金額までは貸してくれない時代なのかもしれないですが・・・ 消費者金融業者でも審査が通らないほどの借金を背負っている多重債務者と仮定した場合。お金に困って闇金に手を出す。と推測できますので、そんな人実際に知り合いにも居ましたが、縁を切りました。 論外ですね。 親切な闇金(金融庁に届け出を差していない貸金業者)も確かにありますので、高利なのを納得して返していける範囲で ちょこちょこ借りるなんて可愛げのある話ならさて置きますが、闇金の本当の怖さを知らないだけの人なのか、そんな事をすること事態、おかしな話に思えます。 自己破産は 人生一回しか出来ませんし、一回目なら闇金から借りても帳消しに出来るケースもありますが・・・ 基本的にいくら闇金とは言え 法定利息内の借金は返さないといけない決まりですよね。 最近は 俺おれ詐欺ばかりで 闇金のニュースはあまり見なくなりましたし 時代も変わってきているのかも知れないですが・・・ 書く言う私も 一度闇金に電話したことありますが、あまりの押し付けがましさに怖くなって止めました。 そんな感覚がなくなっているのは怖い話だと思います。 注意しようが何をしようが止まることは稀だと思いますので、そう言った倫理観の持ち主は正直 自分の中では論外な方で 一切のお付き合いはしませんね。

ヤミ金融から金を借りて、苦しい状況を打開できると思うのですか?

アコムやプロミス、、モビット、アイフルなど大手消費者金融会社やノーローンなど中小消費者金融でさえ高金利なのに、消費者金融での審査を通らない状況となり、ヤミ金融(法律違反している貸金業者)しか資金調達する手段が無い状態というのは、人生が積んでいると思います。積んでいる状況で、消費者金融サービスよりも高金利のヤミ金融に手を出すという人は、冷静な判断力を失っていると思います。自分は詳しくないですが、ヤミ金融というのは「といち」と言って、10日間で10%という法外な金利をとるという噂を聞いています。そんなところから金を借りて、苦しい状況を打開できると思うのが、そもそも間違いだと思います。 金を借りるという行為は、基本的には、投資のために実行するのです。金を返済するために高金利のヤミ金融から金を借りる行為は、愚かな行為なのです。 ヤミ金融から金を借りるくらいなら、ギブアップすべきでしょう。返済能力がない人なのですから。自己破産を裁判所に申し立てるべきです。自己破産して、債務を整理すべきです。全ての債務を免除されるわけではなく、一部の債務については返済義務が残りますが、おそらく再出発が可能となるでしょう。

消費者金融会社の審査が通らないという理由はただ1つ

アコムやプロミスなど消費者金融からキャッシングでお金を借りるという理由は、人それぞれに事情があり仕方の無い事だと思いますが、その消費者金融会社の審査が通らないという理由はただ1つ。返済してないからだと思います。借りる前に返済シミュレーションするべきです。では、何故返済できないのでしょうか?それは、2つに分かれますが、お金がないから返せない、計画も立てずカードローンでお金を借りて、返す事を怠ったかだと推察します。入る予定だった金額より少なかったからなのか、病気になったり就労先がなかったりとかでお金が無いとか、人それぞれに理由があるとは思いますが、家族からの支援が受けられないとかの場合だったら、ヤミ金(金融庁に届け出をしていない法律違反の貸金業者)にお金を借りる前に、公的機関に相談するのが得策だと思います。憲法で国民の生存権の保障が詠ってあるのですから、生活保護を受けるとか何らかの生活する上での策を講じたり、アドバイスが受けられると思います。ヤミ金に手を出すと、利息が高いから、利息を返す為に更に借りて、更に借金が増えていくという負の連鎖にはまると思います。どんな理由でも、絶対にヤミ金には手を出してはいけないと思います。

闇金(法律違反の貸金業者)だけは止めておくべき

闇金(金融庁に届け出をなしてない貸金業者)だけは止めておくべき、私はそう言いたいですね。 どうして闇金で借り入れるまでになったのか、話を聞きたいです。 闇金というと法律違反を承知しながらも営業をしている金融業者であり、法律違反をしながらも運営をしているために取り立て方法も危ういです。 金利は暴利、借り入れてもとても支払えないでしょう。 闇金で借り入れてしまう人は、なんらかの問題を抱えていると思われます。 まずはその原因を解決しなければならないのでは、と思いますね。 大手消費者金融会社から借り入れるだけでも、絶対にダメだよ、という人もいるのですから闇金で借り入れるなどもってのほかです。 まずは節約をして、働いて、売れる物は売り、贅沢を我慢するべき、と言いたいです。 闇金で借り入れてしまうと、大切な物まで失ってしまう可能性があるのです。 友達からの信用を失ったり、家族に迷惑をかけてしまうかもしれません。 闇金を利用する人は強欲であり我慢ができない人、というイメージがありますのでそういった欲望をまずは抑えるべきだと勧めたいですね。

消費者金融とヤミ金(法律違反)の違いは

ヤミ金(金融庁に届け出をしないない貸金業者)でお金を借りる人は、消費者金融会社とヤミ金の違いはただ審査がある・なしの違いと思っている人が多いと思います。ヤミ金の取立てがよくテレビドラマで放送されていますが、あれはドラマで現実にはそんなことはないと思っているので借りてしまうのだと思います。実際はドラマより取り立てがすごくてそれが苦で自殺してしまう人もいるのにそのことをどうして分かっていないのでしょう。その怖さが分かっていない人は本当に馬鹿だと思います。そして周りの人もその人がヤミ金からお金を借りようとしていたら。ちゃんと止めてあげるべきだと思います。そんなことを止められない人は友達ではないと思います。消費者金融は何とか法律で金利が高すぎたらお金を返さなくてもよくなる等の後始末が出来ますが、ヤミ金は法律ではもうどうにもなりません。それをよく知るべきだと思います。

親が消費者金融からお金を借りていようとも関係無い

私は親に勝手にしろと放置されている。だから私も親が消費者金融からお金を借りていようとも関係無い。だから見てみない振りをする。そもそも消費者金融からお金を借りていると言うことはお金を多少なりとも稼いでいるから契約が成立して借入を出来ているわけだからその範囲内ならば御自由にしたらって感じである。こう書くと親不孝なと思われるかも知れないが我が家はこう育てられてきた。だから親がもしも借金で首が回らなくなり自己破産なんて事にならない限り干渉しないだろうと思う。そもそも消費者金融からお金を借りた経験のある人が日本人の10人に1人をはるかに超えている今の時代に有名な消費者金融からお金を借りているからと厳しく詰問なんてする時代でも無いんだろうと思う。もしも消費者金融じゃなくてサラ金やら悪徳な金融業者から借りていたりするのなら話は変わってくるのだが。

消費者金融からお金を借りた理由を聞いて

その場ですぐ聞かずに家に帰ってから聞くと、ごまかされる可能性があるので、その場でどうしてここにいるのか聞きます。消費者金融からお金を借りた理由を聞いて、借りた理由が生活費や医療費等でしたら、追い込まれるまで気付かなかった自分も悪いと反省して、自分の懐と相談して可能ならば全額負担します。そして消費者金融のキャッシングで借りたお金は返してきてほしいとお願いして、一緒に付き添い返しに行きます。 ギャンブルや保証人等の場合は、家に帰った後、相手の消費者金融への返済計画を聞き、とことん将来について話し合います。あと今後の為に、同じような状況になったら、まず誰かに相談してほしいことを伝えます。キャッシングは便利だけど使い方を間違えると借金が膨らみ、子供や親戚、孫にまでも迷惑がかかるという事を話し自分一人では解決できない問題になるという事を再確認してもらいます。

親が消費者金融の自動契約機でキャッシング

もしも、自分の親が消費者金融の自動契約機でキャッシングしているところを発見したら、見つけた日になぜ消費者金融のキャッシングしていたのかを聞き出します。小さいころからお金に関しては厳しく育てられてきたので、理由によっては怒ります。理由を聞いて、借金の金額を把握したら借金返済に力を注ぎます。キャッシングするということは、親には貯金が無いということですから、金額によっては兄弟にも話をします。それでも足りない金額であれば、実家を売ることを考えてしまいます。親にとって家は大切だとは思いますが、亡くなってしまってからこちらに返済義務がきてしまったら困るからです。家を売るまでなかった場合は、私が仕事が終わった後、アルバイトをして返済していきます。当たりまではありますが、返済後は、二度と消費者金融のキャッシングをしないことを約束してもらいます。

自分の親が消費者金融のキャッシングサービスを使用していたら、その場で声をかけて話し合います。何のためにお金が必要なのかと、利用明細(借金の額)をその場で取るようにさせます。消費者金融への借金の額にもよりますが、家族と話し合った上で家族全員で借金を建て替え返済し、家族間でのお金の借用書を作成します。消費者金融のキャッシングサービスの金利は高いので、早めに返済して家族の間だけで何とかしたいと思います。私の親はまだ働ける年齢なので、今後無駄遣いしないようにバイトでもいいから仕事をするよう説得します。自分のお小遣いの範囲内だったら、多少のパチンコやブランド購入もしょうがないかなと考えています。ただ、年金生活なのに借金して散財するのは不愉快ですね。老後になったら子供の私達に迷惑かかるのは目に見えています。消費者金融の借金をしないように説得すると言っても、ケンカになるだけだし改善するかどうかは自信がありません。多少のお金がかかってもいいから、カウンセリングに行ってもらうしかないかなと思います。

自分の親が消費者金融の自動契約機でキャッシングサービスを利用している所を発見したとしても、特に気になりませんし、心配にもなりません。 絶対にお金に困って消費者金融のキャッシングを利用した。という事などあり得ません。 自分もそうですが、姉弟たちも親にお金を借りる事があるようです。 しかし、いつも貸してもらう事ができます。 今までに、消費者金融の借金を断られた事など一度もありません。 そんな親が、自動契約機でキャッシングサービスを利用しているのは、おそらく、急にお金が必要になった何らかの事情があったのでしょう。 手元に現金が無かったとか、クレジットカードが利用できなかったとか、何か理由があり消費者金融のキャッシングを利用したのではないかと思います。 キャッシングを利用しても、すぐに返済できる筈です。 心配する要素は何一つありませんので、そのまま何もすることはありません。

借金嫌いの自分の親が消費者金融のカードローンを利用しているということは、よほどの深い事情があるに違いありません。悪い人に騙されている可能性もあるので、とにかく詳しく事情を聞きます。もしも話の内容から問題がないようなら、便利なサービスと割り切り、親を信用することもできます。しかし、他人に頼まれたからとかの納得いかない理由の場合は、私も一緒に対策を考え、問題を解消するためのアドバイスをしてあげます。この場合は、勿論今後の使用をやめてもらうために解約をお願いすることにもなります。いずれにしても、本人から契約書を見せてもらい、私と一緒にもう一度契約内容を確認してもらいます。本当に内容をよく理解して利用をしているのかどうかを見極める必要があるからです。最悪のケースにならないように、十分な配慮が必要な事も伝えておきます。

自分の親が自動契約機で消費者金融のカードローンを利用している所を発見したら、すぐにその場に行って消費者金融のカードローンの利用を中止させます。 そして、なぜキャッシングサービスを利用する必要があるのか、理由を聞き出します。 日頃から機械の操作は得意ではありません。 そんな親が自分で自動契約機の消費者金融のカードローンサービスを利用しようという発想になる事など限りなくゼロに近いと思います。 ほぼ100パーセントあり得ない行動です。 それにもかかわらず、自動契約機でカードローンサービスを利用してお金を引き出すなんて、なんだか怪しい雰囲気を感じます。 誰かに騙されているとか、何かの詐欺にあっているとしか考えられません。 人が良く、すぐに人を信用してしまうタイプです。 以前にも騙されて、高額の寝具セットを購入させられた事があります。 そして、正当な理由があるなら今回は見逃します。

今まで消費者金融などに借金などをしたこともないし、お金を無駄遣いするような親ではないので消費者金融でキャッシングをしていたらビックリしてしまうと思います。 私にはカードローンなどキャッシングすることが良いこととは思えないからです。 見てみぬふりは決してできないので、キャッシングしなければならない理由を聞きだします。 キャッシングをするということは、今すぐにお金が必要という意味だと思うので、そこまで必要になってしまった経緯を聞きだし、 借金をしてしまったのであれば、返せる方法を一緒に考えると思います。 金額があまり多くなければ、代わりに返すという方法も考えますし、もし多額であれば姉弟にも相談しますね。 これ以上借りないで済む方法を見つけてあげたいし、キャッシングするくらい言えなかった心の苦しみを少しでも解消してあげたいと思います。 もちろん、キャッシングする理由がとんでもないことであれば、きちんと叱ってあげたいと思いますし、もう2度と勝手にキャッシングをするなと伝えます。 キャッシングを利用するくらいなら、子どもに相談してほしいしということをきちんと伝えたいです。

自分の親が消費者金融カードローンのキャッシングしている所を発見してしまったら、とてもビックリしてその場では、声が掛けられないと思います。 家に帰っても、きっと直接は聞けないと思うので、家の中の引き出しとかを色々調べて、何か消費者金融のカードローンのキャッシングしなくては行けなかった理由を探ってみると思います。 そのキャシングの理由がわかれば、一時的に消費者金融に借りたとわかるようなら、知らなかった振りをすると思うし、常習的にしてるようなら、金額が大きくなる前に阻止しなくてはいけないので、聞きづらいですが、消費者金融に借りた理由を聞くと思います。 きっと親がカードローンで借りるということは、とてもひっ迫している状態になってるはずだから、どうやってこれから返すつもりなのかを聞いて、計画がちゃんといきそうなら、そのまま自分たちで返してもらいたいですが、無理そうならば、今回だけと言って代わりにキャッシングで消費者金融に借りたお金を返してしまうと思いますます。